デザインを選ぶ

wedding

冠婚葬祭には様々なマナーがある事が一般的です。
主催している方々の気持ちを考慮しても、縁起やマナーには気を付けたいものですから、良く把握して結婚式に臨むようにしましょう。
まず男女共に白系の服装をして出席するのは避けるようにしましょう。
女性の場合、写真写りによって白く見えてしまうベージュのドレスも避けた方が無難です。
白は花嫁の象徴ですから、新婦への配慮が必要です。
ちなみに男性の場合、黒いネクタイはお葬式を連想させるものですから避けるようにしましょう。
また近年では着用する方も増えていますが、ツートンのドレスも縁起上よろしくありません。
「不調和」や「別れ」を象徴するドレスですから、着用する際は十分気を付けるようにしましょう。

結婚式とは新郎新婦が開く式であり、来賓者は主催者を寿ぐために参列します。
結婚式は特に女性にとって一生に一度の晴れ舞台ですから、出席する側は最大限新婦を引き立たせる努力をしなければなりません。
ウェディングドレスは新婦だけに許されているお着物ですから、そうしたドレスに被るような色の服装はしないように心掛けましょう。
もしもお色直し後の衣装について聞く機会があれば、その色もチェックした上で自分の服装を選ぶと良いでしょう。
また大切なのは、そうした配慮をしつつ、フォーマルな場である事を忘れない姿勢です。
例えば髪型は「いつも通りのヘアースタイル」では失礼になる場合があります。
できるだけアップヘアにして華やかさを演出するようにしましょう。
それが新郎新婦への祝福になるのです。