指輪の注文

wedding

結婚式に招待された場合に持参する結婚祝いですが、その金額は年齢や挙式を上げられる方との続柄にも寄りますが、友人の結婚式の場合は、概ね3万円ぐらいが平均的な金額なようです。
もちろん、付き合いの深さや立場によって変わるものかと思いますが、基本的には「食事代+お祝い」として考えるのが基本との事です。
また、結婚祝いとして品物を贈る場合は、食器や家電等、新生活ですぐに使える品物が喜ばれるようです。
もし、披露宴に招待されていないが結婚祝いを贈りたい場合は、披露宴に出席する場合の半額程度が目安となるようです。
お祝いを包む祝儀袋(のし袋)ですが、金額と釣り合いの取れた袋を選びましょう。
ちなみに、紅白の水引きの結び方は、「結びきり」と「蝶結び」のいずれかを選ぶようにしましょう。

結婚式に招待された時の男性の服装についてですが、特に指定が無い場合は、ダークスーツが無難です。
燕尾服やタキシードもありますが、ビジネスシーンや他のパーティーで使う事も考えるとダークスーツが便利かと思います。
なお、タキシードは、原則昼は着ないものなのでご注意ください。
さらに、「平服指定」または「平服でお越しください」と招待状に記載されていても、礼服ではなくとも良いという意味なので、カジュアルな普段着で出席する事は避けてください。
また、靴については、やはりこちらも黒が基本です。
ストレートチップ、プレーントゥがフォーマル感があって良いかと思います。
靴下についても黒等のダーク系が良いかと思います。
黒いスーツの下から白いソックスが見えると色合い的にバランスが良くありませんので、ご注意ください。